氷器は今、「手間がかからず素早く製氷!」という点を強調して売り出されています。
ところが、氷とは、より多く時間をかけて作るほど、固く、とけにくく、おいしくなるものなのです。
氷やの橋さん、橋製氷の純氷は−10℃の低温で48時間かけてじっくりと作られていますが、この違いは下の各氷の粒子拡大偏光写真からも明らかです。
純氷のようにゆっくり冷やし固めていくと、不純物が一切除去され、純粋な氷が出来上がります。ところが、時間をかけて作れば、こんなに大きくきれいな氷の粒子も、製氷機の氷(キューブ方式やプレート方式)のように急速に低温で固めると、水溶物質(不純物)がたくさん残ってしまい、粒子に異変が起き、このような細かいものになっていまうのです。
このような違いから、まったく純粋な純氷と、白く濁って穴のあいた製氷機の氷とはおのずと飲み物等の味に差がでてくるのかもしれません。

 

■氷の粒子拡大偏光写真        
<純氷>
純氷はじっくり時間をかけてこおらすため、不純物が除去され、氷の結晶の粒子が大きく、透明で溶けにくい氷になります。

<製氷機の氷>
急速に凍らせる為、不純物や空気が多く残り、白く濁った氷になります。

 

<プレート氷>(つらら方式)
不純物が多くのこり、空気も多いため、氷の粒子の粒が揃いません。
  コンピュータ制御による製氷設備と培った衛生・品質管理。
橋製氷の氷は、うまさが生きる活性水を使用し48時間かけてじっくりとこおらせます。
全自動製袋包装ライン
 
製氷室 貯氷庫